モゲチェックの手数料

成功報酬型 住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

モゲチェック アプリ

モゲチェック アプリ

 

数百万円の入金節減もザラ、「モゲチェック」は日本初の住宅ローン借り換えアプリ

 

アマゾンでユースド書籍を買い物するケース、300円か400円で迷う事がある。

 

どの店から買うべきか対比していると1分くらいは必要になる。

 

対比すべきは書籍のステータスや納期、現在までの書店に対する評価などだ。

 

支出に注意深いになるのは良い事だけど、何をどこで買うかという対比比較考量にかける時は、

 

経済合理性から言えば支払うプライスに比例していていいはずだ。

 

安いものはカンで選択し、10万円、100万円、1000万円とかける時を増やすべき。

 

仮に100円の異なる点に1分をかけるありがたみがあるのなら、100万円の差異を生む調達なら10000分、

 

つまり1カ月間フルタイムで働く時くらいをかけても良いはずだ。

 

現時点で住宅ローンを抱えている人の多くは、注意深いに選択してで借り換えをすれば、

 

今後の支払総額が数百万円くらい変わってくる事を薄っすら知っていながら、何もしていないのではないだろうか?

 

このところ歩み的な超低利息という事を知りながら、住宅ローンは計算も事務申込み手順も

 

煩わしいだからと、つい後回し。

 

そのような人が多々あるようだ。

 

6月22日にAndroid版ツールがローンチした住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」

 

(iOS版は近日公開)は、まさしくそうした人のための貸し出し対比ツールだ。

 

ありそうでなかったこのアプリケーションを使えば、全国120行1000本以上の住宅ローンを順位して、

 

どこの銀行に借り換えるとどんだけ安価になるかが一目で分かる。

 

ツールを起動したら、最初に現時点で使用しているローン金融機構名を入力する。

 

続いてローンの年月、最初借入額、利率タイプを入れると、以下の画面のように借り換え良いところ額一覧が表示される。

 

順位表示をすれば、利率タイプ別(移り変わり利息、5年固定、10年固定、全期間固定)に各行の

 

住宅ローンが一覧されて、最も安い銀行が表示される。

 

移り変わり利率を選択するケース、

 

今後の利率を水準を満たすまで予見して、その結果が如何に総支払額に

 

影響するのかシミュレーションする不可欠があるが、それが可能なのがモゲチェックの「アナリシス」という性能。

 

例を挙げると、いま利息が2%上がると想定すると600万円の差が出るとか、中期的に4%ぐらい上がると

 

一考するのであれば全期間固定で貸し出しをこしらえるのが有利という事が分かる。

 

モゲチェックを新登場したFinTech開始大きく上乗せ、MFS創業者の中山田明氏によれば、

 

今現在、住宅ローンを組んでいるのは全国約800万世帯と見積もられていて、そのうち借り換えで

 

100万円以上安価に可能な「長所潜在層」は400〜500万世帯あるという

 

(情報開示:これを書いているTechCrunchJapan西村とMFS中山田氏は子を介した数年来の仲間)。

 

400万世帯で100万円の差額だとしたら、これは総額4兆円に相当する。

 

「本当は借り換えには大きな良い面があるのに、実のところに借り換えをしている人は少ない。

 

現況だと借り換える人たちは1年間で20万世帯ぐらいしかない。

 

気付いてるけどめんどくさいんですよね。

 

利息1.5%だから得するんだろうなとまでは一考するものの、アクションに繋がっていない」(中山田氏)

 

なぜ現在までこういったツールがなかったのだろうか?

 

対比自体はオンライン上にそうしたサービスがあるのでは?

 

という質問が湧く。

 

「おっしゃる通り住宅ローン対比Webページはありますが、これは流行順位といったよく分からない規格で

 

順位されたもので、それを使ってもどこの銀行に借換えすればお薦め得するのかという解答は出ません。

 

住宅ローンは事務手数料があったり、優遇奥行きが調整されたり、たくさんなパターンがあるので、

 

それらを一通り加味して対比するには総償還額で対比するしかないのです。

 

それを手っ取り早くな情報入力でやってくれるのがモゲチェックです」(中山田氏)。

 

住宅ローンというのは、ほかの一般的なローンとは特質が違っていて、

 

期限前弁済にペナルティーが影響しない。

 

貸した側からすれば、今後10年とかで払ってもらえるはずだった利率分分なしに繰り上げて返金されると

 

困るわけだが、住宅ローンは借り手が有利にできている。

 

どんなときでもペナルティーなしに償還が可能な「コール・オプション」が貸付要件に権利として付帯する。

 

「これはストーリー的に常にそうなっている事。

 

このオプションは権利なのに、多くの人が行使できていないのが現況」(中山田氏)なのだそうだ。

 

住宅ローンは対比がかなりむずかしい。

 

通信キャリアの複雑怪奇な通信構想のマトリクスが素敵に見えるほど理解いただけづらい。

 

一例を挙げれば、全期間固定利息であれば、単純にWebWebページに掲載されている

 

各行の利率を対比すれば済むように思える。

 

けれども実のところには「優遇奥行き」という割引率設定が銀行ごとに異なっているため、

 

実質利息を計算するには優遇奥行きも勘案する必須がある。

 

なお、初期事務手数料が貸付金ごとに大きく異なる上に、その料金も「29万円」のように

 

必ず額だったり、借入額に反対に0.76%と比率だったりと一定しない。

 

他にも、変化利率と固定利率の折衷構想として「固定特約」と呼ばれるタイプの

 

住宅ローンを使用するのも一般的だが、移り変わり→固定切替時の前提移り変わりを

 

勘案したいくつか行の対比シミュレーションとなると、しかもむずかしい。

 

自らが比較考量すべき銀行数だけで言っても5〜10本はある住宅ローンについて、これらを対比比較考量

 

するのは「エキスパートの自身でもExcelでやりたくない作業」(中山田氏)なのだそう。

 

だから全国120の銀行から月次異なる住宅ローンの利息などの前提をサーバー上で最先端ステータスにしつつ、

 

アプリケーションで一発対比可能なようにするというのは、今まで誰もやっていなかった事なのだという。

 

中山田氏が何故そのような事をやるかといえば、それは氏が過去にSBIモーゲージと楽天モーゲージで

 

CFOを務めた経歴がある住宅ローンのプロで、借り手側の立場に立ったサービスがない事を

 

解消したいと思ったからという。

 

国内fintech数百万円の決済省コスト化もザラ、

 

「モゲチェック」は日本初の住宅ローン借り換えアプリケーション

 

しかも、今後、大幅に利率が上昇する事があれば、移り変わり利息から固定利息に借り換えて

 

予算にゆとりのある人が心配無用感のために「月次の決済が2、3万円上がってでも出血を止める」と

 

いうようなシナリオもあり得て、その時にもモゲチェックは有効なモニターツールになるだろうという。

 

政府や日銀がいうようにインフレ率が2%となれば、利息が4、5%にならないと

 

銀行に銀行預金が集まらなくなる。

 

すると、住宅ローンの利率をそれ以上に上げないと銀行は逆ざやになる。

 

そうしたシナリオを想定した利息ヘッジができていない住宅ローン使用者も多々ある、

 

というのが中山田氏の見立てで、数百万円得をするというのと反対に、今後は

 

「つらい局面での活用も出てくる」と見ているそうだ。

 

MFSは今現在まで自己財源で体系製作をしていて、金融系VCやビジネス企業と

 

元金調達の話も進めている。

 

法人帰りに使用しやすいターミナル駅に有人ストアを置くような事も腹積もりていて、

 

申込み手順や銀行との交渉の肩代わりする事で多くの人に最適な貸し出しへの

 

借り換えを促すアイデアも熟慮しているそう。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

page top