モゲチェックの手数料

成功報酬型 住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

モゲチェックプラザ 評判

モゲチェックプラザ 評判

 

住宅ローンの借り換え長所は大きい

 

 

住宅ローン利率がここの所下がり続けています。

 

最も下がったのは2016年の真夏でした。

 

現在はそのころよりも反発していますが、その一方で長期利息が安い状況に据え置かれていますので、

 

1%に満たない場合もあります。

 

住宅ローン利率の借り換えというのはある意味では後出しジャンケンのようなものです。

 

利息はいつも移り変わりしますから、低くなった時に前の契約から借り換えてしまえば

 

低利息の恩恵をうける事ができます。

 

かつて10%近くあった住宅ローン利率も、この20年は小反発こそあれど普通には低利じり下げです。

 

かくの如き意味合いでは、バブル後の引き締めタイミングなどを除けば移り変わりが有利だったという事になります。

 

住宅ローンを一度組んだらデフォルト払い続ける人も多々あるのですが、借り換えをする事で

 

支払う住宅ローンがグッと安価になる事があります。

 

利息は変化するからです。

 

私の時は2016年の夏場に住宅ローンを組みました。

 

30年固定0.75%です。

 

それ故、実際のところ他にも安価になるという場合は無いのですが、一段と前に組んだ人ならば

 

劇的に安価になる確率があります。

 

私の職場の同僚Tくんが住宅ローンの借り換えをした結果、払込額がおよそ300万円も安価になりました。

 

この事を実践交えてご報告しておきます。

 

住宅ローンの借り換えは3秒見立てからだった

 

住宅ローンの3秒見立てでシミュレートしてみたところ、現実に3秒で結果が出るのですね。

 

Tくんの事例はクレジットを組んだのが2013年、利率が1%後半だったという事です。

 

そんな訳でシミュレートをしてみたところ、300万以上の削減ができるという結果が出ました。

 

 「たった5年でこんなに代金が異なるのか!?」 大変にびっくりして諸々調査して借り換えをしたという事です。

 

Tくんのケースは、住宅ローンを設けるケースに特に相見積を取らなかったそうです。

 

しかも、デフォルト職場の人に勧められた近所の金融機構で決めたという事です。

 

結局一番目の段階でオンラインなどで調査し、ベストセレクトするというのが価値があるですね。

 

けれども、少々の回り道をしたとはいえ、貸付金を5年払い終えた時点で数百万の異なる点が

 

生じる事に気づけたのは良かったですね。

 

ところで、私の時だと借り換えの不可欠なし、という事でした。

 

前述の通り、借りたのは2016年の8月、利息は0.75%でしたから競争力という解釈では

 

実際も一定の力を持っているようです。

 

借り換えによる利息削減良い面のある人
 

 

ところで、Tくんのケースはその一方でまだ利息が安めのころでした。

 

住宅ローンの借り換えにより、劇的に払い込みプライスが下がるのは以下のような人です。

 

2000年〜2010年に借金た利率が1%以上で借りている元金が1500万以上残っている

 

こうした人は劇的に安価になる見込みがあります。

 

仮に2010年前後に35年、固定利率2%弱で組んだとして住宅ローンの3秒所見でシミュレートしてみます。

 

残高3000万で総払込額が620万円も削減可能なのですね。

 

住宅ローンの再考が相当馬鹿にできないというのが理解いただけます。

 

住宅ローンは多くの居宅で、かなりの比重を満たす固定費になっています。

 

固定費の削減は、大きな支出の再考が第一です。

 

かくの如き解釈では万が一住宅ローンの借り換えに成功すれば、懐具合がかなり助かる事になりますね。

 

住宅ローン利息動向は今後如何になるのか ポイントまでに、住宅ローン利率動向についてちょっと書いておきます。

 

※フラット35のWebページから。

 

移り変わり利率、固定利率期間選択型、固定利息の3種類の住宅ローン利息推移です。

 

この20年近く大きな移り変わりはなく、良くも悪くも低利に良くコントロールされています。

 

懸念原材料としては、大スケールな金融緩和の一環である国債買い入れ、低利率施策が

 

いつまで持続できるなのかというところです。

 

万が一前提が崩れれば、利息も上昇する確率があります。

 

恐れるのは過大な国債の信用心もとないから通貨心もとないになり、

 

利率がアンコントローラブルになる事です。

 

やはりにそれは見込みとしては如何にでしょうか。

 

いずれにせよ、私は安定したキャッシュフローを計算したかったので固定で組みました。

 

ただし、この低利息性質が20年30年続くと思えば移り変わり一択でしょう。

 

実のところに直近20年は移り変わりが大正解でしたね。

 

モゲチェックプラザ住宅ローンの切り換えコンサルティング 

 

3秒見立てはフリーですから、「数百万のオトク」が生じるか如何にか試してみる美点はあると考えますよ。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

page top